掲載誌紹介:月刊プレジデント

現在発売中の「月刊プレジデント」2021年9月17日号(発売日2021年08月27日)に当研究所 加藤修一代表が登場しています。『家電量販・アパレル大手のトップ対談 コロナ禍直撃! 小売業こそ「働き方改革」が急務だ』という見開きページの記事で、アダストリア会長 福田三千男氏との対談です。

――加藤さんは創業の精神にこだわり、創業者の名前を冠した「加藤馨経営研究所」を立ち上げましたね。会社を永続させるには、創業の精神が大切だということですか。
加藤
:そう思います。会社は時代の変化に応じて変わっていかなければならないけど、一方で創業者が抱いた会社の創業精神は、経営者が変わってもずっと守っていくべきだと思うんです。会社が大きくなって、外部からMBAの学位を持っているような社長がやってくるとしましょう。そういう人は自分なりの理論を証明したくなるんでしょうか、創業の精神を失ってしまう。それで経営破綻したり、破綻しそうになった会社がいくつもあります。

プレジデント社「月刊プレジデント」2021年9月17日号(発売日2021年08月27日 )
※リンク先は最新号の紹介ページですので、時間が経過すると違う号に内容が切り替わります

当研究所について言及している部分を引用しました。アダストリアの福田会長は水戸一高の同級生と言う間柄。7月21日発売の 「月刊プレジデント」2021年8月13日号でも、アダストリア福田会長が「人間邂逅 同期であり先輩」という記事で加藤代表について語られています。「加藤さんは早々と取締役を退き、最近は創業者である父・加藤馨氏の経営理念を継承する活動を始めています」。

ぜひ月刊プレジデント最新号をご覧ください(当ページの画像は文章が見えないように縮小加工しています)。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA